武礼葉の検討部屋

一棋客のボヤキを適当に綴る

2020年打ち初め

気づけば 2019 年は終わっていた。

ご無沙汰です。 気づけば Blog を一度も更新することもなく 2019 年が終わっていました。 2019 年も囲碁は続けていたのですが、転職などと重なりかなり控えめな活動となりました。 たぶん、ネット碁の大会に一度参加したぐらいしか活動できていなかったと思います。

気分転換に2020年の打ち初め

最近忙しかったこともあり、なんとなく気分転換に打ち初めしてみました。

白番。負け。

打ち初めなのでできれば勝ちたかったですが弱いので仕方ないですね。

検討

この場面、こちらの薄味を相手がついてきたところ。 実践は上辺で石塔シボリが決まってる部分もあり、KOできると思って上辺に狙いを定めてしまいしました。 ここで難しくしてしまったかも。

実際にはこの図のように二段バネして於けばよかった。 上辺の黒石はKOしなくても、生かしているうちにシチョウの逃げ出しなどを解消して手厚い碁形に持っていくのが良かったかも。

実践のこの場面、形がなくてこまっているのですが応対があまりにまずかった。 押さえてだめなら。

外して打つのはどうだったか。 下辺の白は風前の灯火となるけど。大小で右辺を破れそうだし。 もともと黒の壁にへばりついている石なので、左辺をまとめながら捨てるような構想のほうが良かった気がします。

総括

他にも気になるところはありますが、一年近くブランクがある状態でそれなりに打てたかなと思います。 仕事でも絶えず勉強が必要なので、あまり囲碁の方に時間はさける状態ではないのですが細々と続けていこうと思います。 とはいえ、なにか大会にでるとか、目標を立てないとダラダラやってしまいそうなので、うまく折り合いをつけようと思います。