武礼葉の検討部屋

一棋客のボヤキを適当に綴る

連敗続く

一局目。
f:id:nullhacker:20160331010412p:image
黒番中押し負け。



f:id:nullhacker:20160331010457p:image
ここまでは黒悪く無いと思って打ってました。
これ以降の戦い方に問題があったように思います。。

実践は2目の頭を叩かれてダメが詰まってしまいました。



f:id:nullhacker:20160331010606p:image
こちらに伸びて戦う方が黒は余裕があったと思います。
これなら上辺と左辺の白を睨みつつ展開できたと思います。



f:id:nullhacker:20160331010831p:image
黒苦しいながら何とか白石を切り離したところ。
実践はこの後で無用なノゾキを打って反発されて困りました。



f:id:nullhacker:20160331010941p:image
素直に繋がっておいて寄り付きを見るのが良かったと思います。

実践はこの後は
ばたついて中央の黒石がが取られて試合終了となりました。






二局目。
f:id:nullhacker:20160331011254p:image
白番中押し負け。



f:id:nullhacker:20160331011325p:image
黒にケイマされたところ。
中央の黒模様が雄大すぎてどこから手をつけたらいいのか
分からなかったです。

この時点で白少し分が悪いかも。



f:id:nullhacker:20160331011453p:image
切り味を頼りに実践は下辺を固めました。
中央から右辺にかけて黒模様を値切りたいところ。

これといった手が見えなくて中途半端な手を選んでしまいました。
手が見えない時点でおかしくしているかもしれません。




f:id:nullhacker:20160331011708p:image
これで白がいいといことにはならないですが
自然に中央に飛んでいるぐらいだったかもしれません。

この後の打ち方が難しい。


f:id:nullhacker:20160331011805p:image
少し進んで左上の黒石への寄り付きを狙いたいところ。
実践はいかにも筋悪そうな伸びを打ちましたが
冷静になるともっと打ちたい手が別にあります。




f:id:nullhacker:20160331011949p:image
下ハネを打って目を奪っておきたい。

これなら黒も少し不自由な形になって寄り付けそう。




振り返ってみると
二局とも早々に不利な形勢になってしまっており
逆転のための辛抱もできてないように思います。。

次はもう少し慎重に打ち進めたいと思います。
気を取り直して頑張ります!!