読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

武礼葉の検討部屋

一棋客のボヤキを適当に綴る

爽快捨石作戦

ゴールデンウィーク中にもほぼ毎日一局のペースで囲碁を打っています。


f:id:nullhacker:20150503230459p:image
黒番中押し勝ち。
この碁は中盤の捨石が綺麗に決まり割と快勝だった。



f:id:nullhacker:20150503230643p:image
定石の途中。
黒が動き出しを見つつ次図のように白は一手手を戻すところ。
実践は黒が強情に打ったけど、本当は手抜きが良かったのかも。



f:id:nullhacker:20150503230829p:image
こんな展開を予想していた。
右辺の動き出しを見つつ足早に展開する進行。



f:id:nullhacker:20150503230935p:image
実践、白が消し気味に打ってきたところ。
僕の感覚ではまだ早いし、ヤキモチに見える。



f:id:nullhacker:20150503231031p:image
自分が白番ならこんん感じでまだ広い左辺から左上隅に展開していきたい。



f:id:nullhacker:20150503231141p:image
実践進んで、この局面。
黒が地に辛く渡っていて、白石が浮き足立っているので黒持ち。
こうなるぐらいなら前図のほうがいい気がする。
まぁ途中黒も気持ち悪いシーンはあったのでもう少し研究してみないと分からない。



f:id:nullhacker:20150503231353p:image
この碁の最大のハイライト。
黒としては右辺から上辺へ雪崩れた白石はダメ場を走ってくれたし
無理やり桂馬を割いていってもいいこと無さそうなので既に安定していると判断。
となると。。。どう捨てるのか、しか考えてなかった。



f:id:nullhacker:20150503231619p:image
例えばこんな感じでもいいので捨て切る予定だった。



f:id:nullhacker:20150503231727p:image
実践黒がキリを入れた局面。
この黒石は何も利きが無いと取られてしまうけど。
次図のような読み筋があって一応大丈夫なのは読み切り。



f:id:nullhacker:20150503231838p:image
これなら隅の白を潰して黒がいいはず。



f:id:nullhacker:20150503231904p:image
その後進んで黒がここまで打った時点で勝ちを確信。
途中の計算が出来てないので、中央の白地が大きくなってヒヤヒヤした。





実は相手の方はあと3ポイントで六段という状態だったので
胸を借りる気持ちで挑戦していったのが幸いしたのか、実力以上の結果が残せた気がする。

この調子で五段の中でもまれて、より一層強くなれるように頑張ります!